翔鮪会 @相模総本部

キハダ、マダイの沖釣り集団「翔鮪会」の釣行記録

大ダイ五目船?

平成29年7月30日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:曇りのち晴れ
同行者:武州支部
ロッド:ALLIGATOR RYUGU 20-250
リール:SHIMANO 15ForceMaster 800
PE3号 サニービシFL80号 ハリス4号10mテーパー仕掛け
左舷ミヨシ

 

予定を1週間前倒しして、キハダ開幕直前の”大ダイ五目船”に乗ってきました。

 

ここ最近の一義丸は、マダイが渋い時は釣れるものを狙っていきましょう、という”なんでも五目”というスタンスらしいのですが、そんな中でも釣れてるんですよ…あの釣果を見たらどうにもこうにも大鯛を釣らねば!という気分になり、いても立ってもいられなくなりました。

また、昨年のキハダ終了から続いたマダイチャレンジも今回で一区切りとなりそうなんで、今日はなんとしてでも、といったところでしょうか。

 

梅雨明けしたものの、なんだか台風5号が小笠原付近をウロウロしていて多少心配だったのですが、土曜の相模湾はどこも凪の中出船。まぁ日曜日も問題ないでしょ、とばかりに前日20時に自宅を出発、松輪港の”いつもの場所”で支部長と落ち合ったのでした。

 

寝る時は小雨だった雨も、目を覚ますとすっかり止んで、海はやっぱり穏やかそう… そんな中、自分は左舷ミヨシ、支部長は右舷ミヨシで日曜だというのに5名で出船です。

f:id:syk1974:20170730205056j:image

 

今日の朝イチのポイントは剣崎沖の水深40m。今日は大鯛狙いで小細工無しでじっくり攻めたいと思います。

と、思いきや支部長に大アジが連続ヒット。自分にはなかなかアジのアタリもないですが、それでもポツポツと大アジがヒット。探見丸にも反応がびっしりです。

f:id:syk1974:20170730210106j:image

▲どれも大型のアジ by支部

 

吉野瀬のイサキ場から離れた剣崎沖を何度かやりかえると、トモでようやく本命1枚をゲット。しかし後に続くのはまたもや大アジばかり… 弘樹船長曰く、潮が暗すぎてタイが口を使わないんだとか…

 

やがて今までのアジとは確かに違うアタリが!これは本命だべ。とやり取りすると…

 f:id:syk1974:20170730214638j:image

▲来たかな?本命?

大サバでした…

 

この騒ぎの後もコンスタントに大アジを追加し、支部長はサメと格闘したり…

 

終了30分前には、コツコツとした小さなアタリ。電動巻き上げで見えた姿は15センチくらいのマダイちゃんでしたが、抜き上げた瞬間に水面ポロリのウォッチ&リリース… どの道リリースサイズですが、なんとも微妙な心境。

思い起こせば11月…キハダ終わってのマダイチャレンジ1投目も、手のひらサイズを水面バラシしたっけなぁ…

 

 

と、いった感じで'16-'17翔鮪会マダイチャレンジは大アジ祭で終了したのでありました。

 

お世話になりました船長、ありがとうございました。'17-'18シーズンのマダイチャレンジもまたよろしくお願いします。

 

◎結果

大アジ大漁

武州支部長:さらに大漁

f:id:syk1974:20170731060348j:image

(マダイは船中1枚)