釣れた日も、釣れない日も…

沖釣り集団”翔鮪会@タイチ”の釣行記録

剣崎マダイ、初挑戦

平成29年3月20日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:晴れ

同行者:毎度おなじみ武州支部

ロッド:DAIWA ANALYSTAR MADAI 270

リール:SHIMANO 16PLAYS 3000

PE3号 ビシ80号 ハリス4号10mテーパー仕様

左舷ミヨシ

 

◎結果

マダイ 1.3kg 1枚、アジ 2尾
 f:id:syk1974:20170321065619j:image

 

支部長と剣崎に乗り込んできました。

剣崎?剱崎? けんざき?つるぎざき?

正解がよく分かりませんが、翔鮪会的には"剣崎"の"けんざき"ということにしておきましょう。

 

今回乗船するのは、松輪港の一義丸。
釣果情報などによると、中鯛、大鯛も含めて釣れそうな雰囲気がプンプンします。
前回のブログでは、期待が大きすぎるからいつもダメ。とか言っておきながら、期待持てずにはいられません。

 

剣崎のマダイは有名なので、もちろん名前は知っていましたが、実際に行くのは初めて。
マダイが乗っ込む前に、翔鮪会が剣崎に乗り込んでみます。

 

自宅からは1時間半くらいの場所ですが、座席の整理券を確保すべく、前夜23:00に到着。
整理券は6番でした。もの悲しい雰囲気の駐車場で受付時間の4:30まで仮眠します。


乗船後、両舷の人数バランスから座席移動などがありましたが、自分は左舷ミヨシ、支部長は男の胴の間席に着座。
胴の間と言っても片舷3人の真ん中なんで、支部長のウデなら関係ないでしょう!(ちなみに支部長は3/18に真鶴でベニアコウ6kgをゲットしております。)

 

船長は立川船長(もちろんご挨拶はしましたが、お名前は後でフェイスブックで知りました)。
仕掛け、タナ取りの方法など、親切に細かく教えていただき、とても感じのいい船長です😎
仕掛けはとりあえず装飾なしのシンプル第一!とのこと。また、今時期は誘い下げが有効のようです。

 

ポイントは城ヶ島沖の水深94m。
ファーストヒットは、右舷ミヨシの同年代の常連さんが1kg超。
ますます期待あがりますね~😤
詳細な時間や順序は忘れましたが、アジなんかも交じりながらポツポツ本命が上がってくる感じです。


ここまで、翔鮪会2名の竿に本命のアタリはありませんでしたが、10:10とうとう支部長の竿にアタリが!
f:id:syk1974:20170321124210j:image
(船長撮影)2.3kgのいい鯛です。
船長も喜んでいましたね。

 

自分にはアタリがなかなか無いですが、船長は釣らせてあげたいという気持ちが大きいようで
出てきてくれてはいろいろアドバイスをしてくれます。そんな所も非常に好感が持てますよね。

 

そして、ボケっとよそ見していて気づかず。大アタリ襲来😱
f:id:syk1974:20170321124229j:image
船長もすかさず写真に収めてくれましたが、ただの根掛りでした。情けないやら恥ずかしいやら😓
いいしなりしてるんですがね🤔

 

途中、何度かいい感じのチャンスタイムがありましたが、それには便乗できず、終了の1時間前、左舷トモのお嬢様(言い方が失礼😅)にヒット。
上がってきたのはこの日最大の4.6kg!若い女の子なのに、手慣れた感じでほんとスゴイです。
こちらもやはり常連さんとのことで、みなさんお上手です。

 

お嬢様のやり取りを、いいなぁ~と眺めながら誘い下げてると、ようやくアタリましたよ✌️
ダブルヒットですね。
やっとアタってくれたのは1.3kgの本命でした。
f:id:syk1974:20170321124252j:image
シンプル仕掛けに誘い下げ。船長のアドバイス通りでなんとか顔見ることができました。
これで全員本命ゲットということで、船長もホッとしてくれました。すみません😅

 

沖上がりは14:00。竿頭は前出のミヨシの常連さんでキロオーバー3枚。
片付け中に船長が写真を撮りに回っていましたが、4.6kgを持ったお嬢様を眺めるオヤジ衆の口あんぐり😲😮😟が笑えましたね。


初挑戦の剣崎マダイの得点は75点。
よそ見していて根掛りが判らないようじゃダメダメですね。
でも、支部長は相変わらずいいの釣るし、自分も釣れたし!ってことで。

 

初めて剣崎松輪港そして一義丸を利用させてもらいましたが、駐車場環境◯、船長は◎、常連さんも感じのいい方で◎。
これは翔鮪会指定船宿(偉そうに)になること間違いなしでしょう!

 

マルイカ道具、準備完了な感じなんですが、なかなか出番が来そうにありません。