読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翔鮪会 @相模総本部

キハダ、マダイの沖釣り集団「翔鮪会」の釣行記録

速報!武州支部長、新潟遠征!

本日5月21日、武州支部長が新潟に乗っ込みマダイを狙いに初遠征に行きましたので、早速その結果をレポートしたいと思います。

 

翔鮪会相模総本部はハイテク機器を駆使して、写真とコメントを現地新潟よりリアルタイムに入手していますので、沖上がり直後の出来たてホヤホヤ記事です。

 

ちなみにわたくしはお留守番であります😩 相模総本部は本部と名乗りつつも、釣行予算がなかなか厳しいのであります😱

 

今回支部長が初遠征にお邪魔したのは、直江津糸魚川の中間くらいの能生(のう)港の金栄丸。 ここ数日の新潟マダイの釣果はまさにお祭り騒ぎ….日によっては船中100枚超えの、とてもコマセマダイ釣りとは思えない釣果を叩き出しているようであります。

 

天候は快晴無風のベタ凪だそうです。 関東地方も暑いですが、新潟も変わらないようで… 

f:id:syk1974:20170521111620j:plain

支部長が乗船した金栄丸さんです 

f:id:syk1974:20170521111755j:plain

 ▲座席が無いようですが…

 

席は、乗船時にくじ引きだそうで、支部長は1番くじをゲットして右ミヨシを獲得とのこと。 定刻5時に12名で出船。ポイントは常連さんの話によると、直江津沖とのことです。

タックルはいつもの相模湾東京湾と同じで、ハリスは若干太く、少し長く、針もワンランク大きめを選択したそうです。

ポイントの水深は27m、船長の指示はビシダナ10mでコマセはまったく振らない置き竿スタイルで、手返しも皆様10分以上は放置な感じみたいです。 現地にいないので解りませんが、上から10mでピタリと止めるんですかね?それとも少し落とし込んでから10mまで巻き上げてくるのか…

 

支部長の報告によると、開始から3時間で船中4枚。

数は少ないですが、型は2kg以上あるようです。

支部長どうでしょう、思ってたよりは渋い感じでしたか?

f:id:syk1974:20170521114406j:plain

▲10〜20mの間にデカイのいますね!

 

 

 で、『10時にデカイの釣る!』と宣言していた支部長ですが…

f:id:syk1974:20170521114627j:plain

やりました❗️5.7kg‼️おめでとうございます㊗️ 

 

 

f:id:syk1974:20170521115426j:plain

 ▲針ものばされてる〜😨 危ないトコでしたね…

 

大鯛ゲットが10:20くらいだったでしょうか。

その後はしばらく速報も入りませんで、11:30過ぎに1kg前後をゲット!との入電がありました。

 

◎結果

武州支部長:マダイ5.7kg 1枚 & 1.0kg 1枚、ワラサ1本

 

上記は支部長の個人的結果ですが、全体的に型良く、平均2〜3kgクラスだったそうです。 トップは2〜3kgを4枚で船中20枚くらいではないかということです。(公式釣果は金栄丸HPでご確認ください)

 

いいなぁ〜〜。

でもさすがです!

こいつは文句なしの”大鯛”。新潟まで行った甲斐があったというものじゃないですか〜

 

常連さんの話によれば、来週あたりからは名立の方が爆釣になるんじゃないかとのことらしいですよ〜

 

以上、支部長新潟遠征の速報になります。

 

 

次は自分も大鯛(中鯛でもよい)釣れないですかね〜〜😌 

こどもの日

平成29年5月5日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:晴れ
ロッド:DAIWA ANALYSTAR MADAI 270
リール:SHIMANO 15ForceMaster 800
PE3号 ステンカン80号 ハリス4号10mテーパー仕掛け
左舷トモ

 

f:id:syk1974:20170505211415j:plain

GWも後半に入り、今日はこどもの日です。(画像はイメージです)

 

家族はみなそれぞれ予定がギッシリ…予定が無いのは自分だけ。ということで3日前に連敗記録を4にしてしまったのも忘れ、急遽、海洋調査に行くことにしました。

本日は武州支部長までもが別の予定があるということで、珍しく単独釣行になります。(本当はGW最終日を予定していたのですが、自分の都合が悪くなってしまいました…支部長、申し訳ありません!)

 

自分は最近、このコマセマダイ釣りばかりで、しかもここ一義丸さんに通い続けているのですが、どうも結果を出せずにいる訳です… こういう時、皆さんはどうなんでしょう。違う釣り物に行く、釣れている場所を探して行く、釣れている船に乗ってみる、復調するまで行かない、等いろいろあると思うのですが…

まぁそれぞれの楽しみ方、考え方があるんでしょうが、自分はどうも一度通い始めた船に通い詰めたい傾向がありまして… 1回乗って嫌な船は2回目は無い訳で、数回連続で乗ると、もうどうしても”この船で””この船長で”みたいな気分になるんですよね。

なんで、自分的には釣れようと釣れなくても、とりあえず一義丸で、みたいな感じになってる訳です。

 

言い訳じみたどうでもいい話ですみません😓

 

GWだし混んでるかなぁ…と思いきや、9名での出船となりました。例によって昨晩から港で待機しておりましたので、運良く左舷のトモ席を取ることができました。

 

定刻5:30、今日は一直線に剣崎沖のノッコミポイントへ向かいますが…

f:id:syk1974:20170505212831j:plain

 ▲剣崎沖は赤潮発生中でした。

 

しかし、そんな条件でも食う時は食うんですね。

1投目から左前でヒット!しかも掛けたのはおじいちゃんとアジ船に乗船の予定で来た中学生です。やりとりはおじいちゃんの協力のもと、無事に良型をゲット!

その後も続けて前方で連続ヒット!久しぶりのモーニングサービスじゃないでしょうか⁉︎

『反応入ってきましたよ。食いそうですよ、食いそうですよ⁉︎』と弘樹船長が言えば、必ずどこかで竿が曲がるといった状況です。

表層を見るとトモ側が潮下のように見えましたが、2枚潮だったのでしょうか、アタリは前方に集中します。

弘樹船長もいろいろと細かいアドバイスをくれるのですがなかなかアタリません。

 

そしてモーニングサービス開始から45分後、4連敗を止めるアタリがようやく来ました!

f:id:syk1974:20170505220701j:plain

 ▲小型ですがとりあえずやりました! 0.8kg!

f:id:syk1974:20170505221110j:plain

 ▲おとなり右トモの常連さんのは2kgはありそう…さすがです…

 

それからはだんだんと船下にマダイが入ってこなくなったようで、反応、またアタリもだんだんと途切れがちに… 探検丸の画像でも反応が底の方から上がってこないのがわかります。 

 

ここで弘樹船長からハリス長変更のアドバイス

さすがです。変えた途端にアタリました。

f:id:syk1974:20170505222350j:plain

 ▲本部長お得意のチビッコマダイ。0.6kgナリ

 

型は小型ですが、満足です。

そりゃあ大きいの狙ってますけど、4連敗中ですし、ここ数日の状況から見れば上出来ではないかと⁉︎

 

それからというもの、反応はあるのですがやっぱりマダイは船下に入ろうとはせず、食うのはメバルばかり。

f:id:syk1974:20170505223228j:plain

▲あまりに小型なので全てお帰りいただきました

 

仕掛のバランス、誘い、コマセ撒き、いろいろな策を出しましたが12:30定刻になりましたので撤退いたしました。

 

 

◎結果

f:id:syk1974:20170505223707j:plain

中鯛2枚! に見えますが、前出の0.6kgと0.8kgです!(弘樹船長撮影)

 

 

4連敗中ということ、また最近の釣果情報などから、正直今日はまったく期待していませんでしたが、終わってみれば船中0〜4枚(4枚は2名)、最大3.1kg、快晴無風のベタ凪でここ数日では大当たりDayだったのではないでしょうか?

 

そうそう、今日の竿頭は朝イチヒットの中学生でしたよ!

自分がやっとこ上げた2枚もどちらも小型で兄弟な感じ! 

 

やっぱり今日は”こどもの日”ですよね〜

 

 

再びの剣崎

平成29年5月2日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:晴れ
同行者:武州支部
ロッド:DAIWA ANALYSTAR MADAI 270
リール:SHIMANO 15ForceMaster 800
PE3号 ステンカン80号 ハリス4号10mテーパー仕掛け
左舷トモ2

 

涙の強化合宿を終え、戻って参りました剣崎沖。

4月は強化週間ということもあって連チャンを含む釣行4回! 私は月1~2回ペースが通常モードですので、時間もお財布もかなり頑張りましたが、1勝3敗と惨敗。夢の大鯛どころか直近の3戦は外道も含めてもイナダ1本…(-_-) 風、潮、座席、タナ取り等どれもうまく噛み合わずといった様子でした…(思えば昨年のキハダもこんな感じでした 涙)

正直、少し冷却期間を置いて再チャレンジ!とも考えたのですが…そこは翔鮪会、釣れなくても釣行機会があればとりあえずは行くのです…

 

 

f:id:syk1974:20170502201149j:plain

▲懲りずに来ました、第二十八 一義丸

 

ここ数日の剣崎マダイは潮の濁りの為なのかご機嫌ナナメのようで、本格的な乗っ込みになかなか突入してくれません。

5月に入り出船は5:30となりました。本日のポイントは港から約45分、三浦半島より伊豆大島の方が近いのではないかという沖の瀬になります。なんでも、ここ最近の状況に痺れを切らした28号船弘樹船長は、朝の直感でポイントを決めるようです(一義丸HPによる)。

 

希望を託して第1投。今日のスタートは2本針仕掛けで、タナを広く探ろうという作戦。タナは80〜90m前後と深めです。

f:id:syk1974:20170502201407j:plain

 ▲深いタナでもこいつがいれば大丈夫!

 

前回の剣崎沖は確かに潮の濁り?汚れ?がひどかったのですが、ここ沖の瀬は大丈夫なようです。そして表層だけ見る分には潮も適度に流れていまにも食うんじゃないかと期待するのですが、自分だけでなく船中を見回しても外道のアタリすらありません。

とここでトラブル発生!

右舷側の方とオマツリしたため、クラッチをフリーにして糸を送り込んだのですが、自分の道糸が船のプロペラに絡んでしまい無念のラインカット。PEライン90m、天秤、ステンカン、仕掛け一式が海の藻屑となってしまったのでした…

予備セットを準備していなかったので、頼りの武州支部長からテンビンとビシを拝借して何とか戦線復帰を果たしたのですが…

すると今度は支部長のPEラインもプツリ…

こちらも右舷側の方とオマツリして、どうやら船下にこすれてしまったようです。PEは3mほどで済んだようですが、やはり天秤以下一式ロストです。

翔鮪会は呪われているのでしょうか…

 

時刻は9:40、船中ノーヒットの沖の瀬を後にして船は城ヶ島沖へ移動します。

f:id:syk1974:20170502205406j:plain

 ▲近くに城ヶ島が見えるポイントへ。水深約95m。

 

余談ですが、移動中、弘樹船長が無線で話しているのを小耳に挟んだんですが、どこの船も厳しいみたいですね。

『マダイはまだお休み中だよ〜』なんて声がスピーカーから聞こえてました…

 

移動後すぐに支部長の竿にアタリがあったようです。

『タイじゃないなぁ…』といいながら上がってきたのは…

f:id:syk1974:20170502210501j:plain

 ▲手のひらサイズのレンコダイ(キダイ)でした

 

城ヶ島沖も沖の瀬と似たような状況が続きました。

自分はこれまで外道のアタリすらありません。

レンコダイを上げた支部長は、沖の瀬でもいい型のウマズラとアカイサキを上げています。外道を含めても、支部長には敵いませんねぇ…

ちなみに仕掛はビシロスト以降、1本針のノーマル仕掛に変更して、あまり誘いも入れずじっくり置き竿戦法に切り替えています。エサも抱き合わせにしてアピールしてみたりとやったのですが…

f:id:syk1974:20170502211515j:plain

▲元祖、オキアミ抱き合わせ

 

残り1時間を切ったところで、船は真沖へ移動します。

今度は水深は40m前後といったとろでしょうか。

ここは探見丸もよく映って俄然ヤル気もアップします。なにより、時間的にもラストチャンスですしね。

弘樹船長の『反応出てきましたよ』のアナウンスも復活して、いよいよな雰囲気です。

じっくり戦法から置き竿誘い戦法へチェンジして、貴重な1枚を狙いますが…

 

静まり返った船中のラスト10分、胴の間の方の竿が曲がり、にわかに活気づきましたが、上がってきたのは良型のメジナ

続けて同型を我が支部長が上げたところで、終了のアナウンスとなりました。

f:id:syk1974:20170502214018j:plain

▲クロメジナオナガグレ)

 

◎結果

武州支部長:ウマヅラ、アカイサキ、クロメジナ(各1尾)、レンコダイ(リリース)

本部長:アタリなし

船中型見ず

f:id:syk1974:20170502215149j:plain

4連敗&PE90m+ビシロストでガッカリです…

 

 

自分のウデはさて置いて(笑)、この状況はさすがに厳しいですね…

気分転換でもするか、再々チャレンジするのか、じっくり検討したいと思います。

 

マダイ釣りはやめませんがね!

 

 

 

 

特別強化合宿

平成29年4月16日•17日 松輪港 一義丸 コマセマダイ 

天候:16日 晴れ、17日 晴れのち曇

同行者:武州支部

ロッド:DAIWA ANALYSTAR MADAI 270

リール:SHIMANO 15ForceMaster 800

PE3号 ビシ80号

ハリス4号10mテーパー仕様 他

左舷トモ、左舷トモ2

 

◎結果

アタリなし

武州支部長:マダイ 0.6kg 1枚

f:id:syk1974:20170417183022j:image 

 

 『翔鮪会マダイ強化週間』ということで、強化合宿(笑)を行いました。

 

我々一応会社員ですので、前回もそうですが、平日釣行はなかなかできません。仕事も年度末を終えて一段落しましたので、有給休暇を取って日曜、月曜と連チャンしようということになったのであります。

 

が、結果は前出の通り、恥ずかしながら2人揃って散々なものとなってしまいました…

 

天候凪良く、絶好の釣り日和、乗っ込みもそろそろかと相当期待をしていたのですが…

 

◎強化合宿1日目

初日の日曜日は、左舷トモ席。

最近の傾向として、朝のモーニングサービスを逃すと厳しい雰囲気になってしまいますので、ここは確実にものにしたいところ。

ところが、剣崎沖のポイントは先日と違って船中沈黙。 1時間弱流しましたが、アタリはありません。

28号船弘樹船長は久里浜沖へと移動します。

ところが久里浜沖も沈黙続き…今日はご機嫌ナナメな感じなんですかね?

f:id:syk1974:20170417203312j:image

しばらくして右舷ミヨシでようやく1枚上がりました。

これが幕開けかと思ったんですが、後が続かず…船は再び剣崎沖へ戻ります。

しかし…よくない時はよくないんですね。

昼のチャンスタイムの時間になっても船中は沈黙でした。

今日は結局、久里浜沖の船中1枚。

弘樹船長曰く、前日に比べて水温が急上昇。それでマダイが口を使ってくれなかったみたいです。

機嫌が悪いんじゃ仕方ないですね。

 

◎強化合宿2日目(最終日)

リフレッシュして2日目。

今日は幸人船長の22号船。席は支部長とチェンジして左舷トモ2番です。

今日はブログ『剣崎沖で、コマセ真鯛釣り』を更新してらっしゃるオカジーさんとご一緒することができましたので、なんとかいいところを見せたいところ…でした。

朝のモーニングサービス、潮はミヨシから右舷側が有利な方向へ…あらら、こんなハズじゃないんだけどな…

オカジーさんを始めミヨシから右舷側では3kgクラスを筆頭に順調にゲット。我々左舷トモ側は…

 

タナとり、ハリス長。コマセ撒き、誘い。

数パターン試しましたが、ダメでした。

試練ですね。強化合宿ですから。

 

諦めません、翔鮪会。

10:53、支部長なんとか獲りました。0.6kgでしたがなんとか挨拶できました。

 

翔鮪会、強化合宿。

男になれませんでしたが、こうして終了となりました。

f:id:syk1974:20170417212039j:image

 

幸人船長、弘樹船長、2日間ありがとうございました。また、ヒントを提供して下さった常連の方々、ありがとうございました。

 

いろんな方と知り合えたのが今回の合宿の成果ですね。

 

翔鮪会は諦めません。

そのうち、我々の大鯛を見てやって下さいね。

f:id:syk1974:20170417212549j:image

 

長文、駄文失礼しました。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

撃沈

平成29年4月13日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:曇のち晴れ

同行者:武州支部

ロッド:DAIWA ANALYSTAR MADAI 270

リール:SHIMANO 16PLAYS 3000

PE3号 ビシ80号 ハリス3or4号10mテーパー仕掛け

右舷胴


◎結果

イナダ 1尾

 

 

『翔鮪会マダイ強化週間』に突入しましたので、会社の有給休暇を取得して、剣崎の一義丸に出撃しました。

 

平日釣行ですので比較的空いているかなと考えていたのですが、読みが甘く前夜22:00ですでに10番目、最終的には15名と大盛況な状況でした。これくらい、平日でも普通なんでしょうか…

f:id:syk1974:20170414183753j:image

photo by 支部


本日の座席は右舷ミヨシから3番目、支部長は2番。
多少小雨がぱらついていましたが、いい凪の中第1投。『反応の上に着けた』というマイクの直後から連続ヒットでした。でした・・・。自分にはありませんでしたが。


我々潮上に該当する右舷側のお客さんには、船長からマル秘作戦が伝授されたのですが、朝のフィーバータイムは30分ほどで終了。しかしこのチャンスタイムで一気に15枚くらい上がったのではないでしょうか?


その後もせっせとコマセを撒きつつ、仕掛けを変えてみたり誘いのタイミングを変えてみたりと、まぁ皆さんもしているようなことなのですが、なかなか食わせることはできません。

 

翔鮪会の法則では12:00から午後のチャンスタイムが始まる予定になっていますので、その時のイメージを描きながらコマセを撒きます。

f:id:syk1974:20170414184832j:image

 

そして12:10、支部長の竿にアタリ㊗️ 今日はこれまで外道のアタリも無かったんですが、上がったのはここ最近おなじみのイナダで少し残念。
しばらくして自分も、落とし込みの途中でガツンと竿が刺さったので一瞬マダイかと思ったのですが、こちらもイナダ👻
この時間で船中数回のアタリがありましたが、本命は上がらずどれもイナダでした。

 

結局、朝のフィーバータイムを逃した者はそのまま涙を呑んで終了となりました。

f:id:syk1974:20170414184813j:image

 

今日は完全に左舷側の日。左舷の方は全員本命をGET。トップは4枚。
右舷はミヨシとトモの方だけだったと思います。


船長も『今日は左だったら釣れてたね~』と。まぁ運がなかったということで仕方ないですね。

 

しかし、こういう不利な潮上席という日でも、何とか本命を食わせる技術を身に着けないといけません。
船長のアドバイスを無駄にすることなく、自分の持ち駒に加えていきたいと思います。

 

今日は得点付けようがないので無得点です。

 

”乗っ込み”というのは始まっているんでしょうかね~

始まってても、そうでなくても、大ダイ狙って結局行くんですけどね。

『マダイ強化週間』まだ続きます…

 

出るのか、出ないのか…⁉︎

平成29年4月8日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:雨

同行者:武州支部

ロッド:DAIWA ANALYSTAR MADAI 270

リール:SHIMANO 16PLAYS 3000

PE3号 ビシ80号

ハリス4号10mテーパー仕様

左舷トモ2

 

◎結果

マダイ0.6kg 1枚 & 0.9kg 2枚、イナダ2尾

f:id:syk1974:20170408145014j:image

 

『南の風やや強く雨、波2m』みたいな予報でした。

最近なんだか風が強くて、前日の木・金曜とシケで休みのトコも…

こっちは貴重な釣行チャンスを潰したくないもんで、数日前からソワソワしてました。

前夜の電話確認はしましたが、都合よく解釈してとりあえず松輪港へ出発。22時到着。

今夜は車中泊なんですが、風はゴーゴー雨はバチバチ。

張り切って来たはいいけど、出るのかねぇ…

 

出ました。予定通り。

 

席取りの整理券は3番と4番。

でも最近、自分でいい席選ぶとロクな結果にならないので、トモ席は支部長にお譲りしてトモ2番へ。

といっても、左舷は4名なんで広々です。

 

天候は雨、気温16℃、南西13mで剣崎沖60mでスタートです。

だいぶ暖かくなってきましたね。

 

振り返ると、船中イナダがよくアタってた日でした。

支部長のニュータックル、Alligator BEDANCER250もいい曲がり具合を見せつけています。

そんな中、こちらにもアタリが。イナダかと思ってたんですが、0.6kgのマダイでした。大事にヤリトリしておいて良かったです。

今日はコマセの出具合と、誘いのタイミングが良かったのでしょうか?その後もキロ未満のマダイを2枚追加することができました。

今日は右舷側はノーヒット(たぶん)。こちら左舷側は前から4ー0ー3ー0。

こんなこともあるんですね〜

 

南西の風が強く、うねりもあり、これから予報も悪くなる一方ということで、12時をまわったところで早上がりとなりました。

 

今日の点数は80点。

一応、今日はいろいろと誘いのイメージを持ちながらやってて、どれもたまたまかもしれませんが誘いの直後にヒットしたんで、型は小ぶりだけど素直に嬉しいです。

今日で一義丸は3回目で2勝1敗。

これからもお世話になろうと思ってるんで、勝ち越しペースで行きたいところです。

 

f:id:syk1974:20170408193819j:image

▲頭のMが哀しく見えてイヤになってしまいます…

 

 

大鯛は次回にキャリーオーバーです!

 

とらふぐ!

平成29年3月25日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:晴れ

同行者:武州支部

ロッド:DAIWA ANALYSTAR MADAI 270

リール:SHIMANO 16PLAYS 3000

PE3号 ビシ80号

ハリス4号10mテーパー仕様

左舷胴


◎結果

アジ 1尾、(以下リリース)チビ石鯛、ホシザメ

武州支部長:アジ4尾、とらふぐ2.6kg

f:id:syk1974:20170325203013j:image

 

前回の釣行ですっかりお気に入りになりました一義丸へ、行って参りました。

 

前夜からの強風が出船時も吹いていて、朝のうちはグデグデ。胴の間だったので揺れはそうでもなかったですが、風が強くて参りました😵

 次第に風も治まり、昼には凪良く快適になりましたが…

 

今日は終始渋い感じで、アジがポツポツと言った感じだったでしょうか?イナダを上げてる方もいましたね。そんな中で右ミヨシの方は本命マダイを4枚、素晴らしいです。

 

わが翔鮪会は途中、支部長が2.6kgの特大トラフグを上げてみんなでビックリ😲 

我々では捌くこともできないので船長に献上いたしました。

 

ラスト1時間前、ポイント変え。反応が少ないのか何なのか、それまでより時間をかけての移動。

仕掛けを下ろすと、潮もなんだかこっち向きじゃないですか👍 

どうですか、刺さりましたね〜、右隣の方の竿が😑

コイツを待ってたんだ、5.4kgのマダイでした㊗️

 

それにしても立川船長、時間かけてのまわり変え後の一発目で当てさせるって、スゴイです。それこそコイツを探してたんでしょうね。

 

終わってみればノーヒットだけど、なぜかそれほど敗北感無し。また、いつもなら昼くらいになると焦りみたいのが出てくるんだけど、最後までそれも無かったかな🤔

 なんで、今日は60点くらいでもいいかな?と。

まあ点数になんの意味もないけどね😅

 

前回は4.6kg、今回は5.4kg。同船してる方が上げてますんで、だんだんと大鯛が近づいているような気がしますね〜