釣れた日も、釣れない日も…

沖釣り集団”翔鮪会” タイチの釣行記録

プレッシャー

平成30年2月10日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:晴れ 水温:15℃
ロッド:ALLIGATOR RYUGU 20-250
リール:SHIMANO 15ForceMaster 800
PE3号 ステンカン80号 ハリス4号10m
右舷ミヨシ

いやいや。型は小さいながらも仲間は数釣り大漁モードに突入中。ももちゃんは先週のマダイ初釣りで6枚ゲット!ヒデさんは千葉で10枚の竿頭!Kちゃんは2ヶ月ぶりながらも13枚+ワラサ付きでウハウハ釣果!初釣りでご一緒した松本相談役は、先の火曜日にダントツ12枚でさすがのリベンジ達成!これ、ヒデさん以外は一義丸での釣果だっていうんだから、まったくやりにくくてしょうがない…

f:id:syk1974:20180210192434j:plainf:id:syk1974:20180210193112j:plainf:id:syk1974:20180210192504j:plainf:id:syk1974:20180210192514j:plain
▲これだもん…たまらんね 笑
※画像は拝借させていただきました。

やっぱ平日は空いてていいな〜なんて、そんなこと言ってても仕方ないんで、まずは脱ボウズ、配当は厳しくても貴重な1枚ってヤツを釣ってやろうじゃないかと、1ヶ月ぶりに一義丸へ。いつものヒデさんは混雑を回避して今日は向こう側の富浦は共栄丸へ。あっちとこっち、お互い釣れるといいけどなぁ。

今日は右のミヨシ席。まったくいい席座っちゃったな… こりゃ結果出さないと何言われるかわかったもんじゃない(笑) なんて若干動揺しながら乗船したらカワハギ船だったという恥ずかしい一幕もありました。無事に船を乗換えて弘樹船長に挨拶すると『いや〜翔鮪会のみなさん、釣ってますね〜』だって。ううう…参ったなぁ。

f:id:syk1974:20180210193352j:plain
右舷は4人、左舷は5人の計9人でスタート。3連休初日の土曜にしては空いてる感じ。今日は朝から深場に行くとの事で、なんでもアタればキロ以上とか…とにかくだんだんと風が吹いてくる予報なんで、先行逃げ切りで行きたいところ。

凪の中、水深90mで戦闘開始。見た感じの潮は若干トモ方向かな?数投目ですぐに右トモの常連さんにアタリ。続けてお隣さんにもヒットでダブルヒット。『ここチャンスだよ!』と弘樹船長のアドバイスがあって、すかさず落とし込みをかけると竿が刺さってトリプルヒットに。最近朝イチにツイてるなぁ… 
f:id:syk1974:20180210193425j:plain
▲キロ以上あるかな?(1.2kgでした)<7:30>

よしよし、これでボウズは回避完了。いつもならこれで結構気も楽になるんだけど、今日はそうもいかない気分…ここからが勝負なのだ。幸い綺麗に口に針掛かりしてたので、抜き取ってすかさず再投入して同じ状況を再現…したんだけど…

その後、まったりモードな感じに突入。隣の常連さんに誘った方がアタるよ⁉︎とアドバイス頂いたので、手持ちで誘ってみたりしたんだけど、なかなかアタリを生み出せず…(元気なイナダを1本ゲット) トモの常連さんは相変わらずコンスタントに食わせてるし、上手いよなぁ…
f:id:syk1974:20180210193532j:plain
▲弘樹船長特製コーヒー ごちそうさまでした!

朝イチのポイントで勝負が続く中、12時前に漁礁際へ大きく場所変え。水深は100m。残り時間も少なくなってきたというのに釣果は伸ばせず…朝に1枚釣ったハズなのに気分的にはボウズな気分。 先ほどのアドバイスを継続して誘いを中心に攻めてみると、餌取りの猛攻に…難しい。
13時を回って、弘樹船長が熱心に反応探しの周り変え中に、ヒデさんからの写真付きの結果報告が。
f:id:syk1974:20180210210731j:plain
▲今日も竿頭だって!

『こっちも残り時間、頑張るよ!』と返信してからの1投目。朝と同じく落とし込んだらやっと食いましたよ! しかもまた隣の方とのダブルヒット(笑)朝より元気のいい引きを90m手巻きで楽しんで上げてきましたよ!?
f:id:syk1974:20180210193507j:plain
▲2kgはないよね(1.5kgでした)<13:10>

ここもチャンス到来かと再投入した頃、急に沖から風が吹いてきました。それから数投後『じゃぁ今日はこれで上がっていきましょう』との号令でプレッシャーとの戦いは終了となりました…


◎結果
f:id:syk1974:20180210193547j:plain
マダイ1.2kg&1.5kg、イナダ


いやいや、一義丸の右前席はまさにスーパーシート。今日のこの状況で上手な方が乗られたらどれだけ釣るのかわかりませんが…今の自分にはこれが精一杯でした… 隣の方、トモの常連さん、食わしてるんですよね。直接訊いてみたところで核心は教えてくれないでしょうし、そこのところは経験積んでいくしかないんでしょうね。仲間のような数釣りはできなかったけど、とりあえず釣った2枚はキロ以上だったし、今回はこれで勘弁してくれるかな? それに個人的?には今年に入ってからボウズ&バラシゼロを継続できたんで、まぁ今日のところは良かったのかな、と。

▲一応ダブルピースで


欲出すとロクなことないんで、次回もコツコツ頑張ります。

やっぱり小鯛担当

平成30年1月21日 小湊港 鯛丸 コマセマダイ

天候:晴れ
同行者:ヒデさん・社長
ロッド:DAIWA ANALYSTAR MADAI 270
リール:SHIMANO 16PLAYS 3000
PE3号 サニービシ80号 ハリス4号8mテーパー仕掛け
左舷ミヨシ


今日はヒデさんの提案で小湊の鯛丸屋に出動。人数限定、座席はセパレート、数日前には8kgオーバーとなかなか楽しみです。今日は年末に続いて社長もご一緒に。
実は釣行前、ヒデさんは一俊丸の常連氏に別の仕立てに誘われていたんだけど、こちらを優先して断ったら、結局仕立てが中止になった常連氏2人組もなんと鯛丸に行くんだとか… そんなこんながあって、朝、港近くのコンビニでばったり出会うことになったのでした。

▲港前の待合所

鯛丸の座席は完全くじ引き制。一俊丸と違うのはくじで座席の場所も決まってしまうこと。結局は自分で選ぶ訳ではないので、自分はその方がいいかな。

▲くじの結局、左ミヨシに決定

いつもは2人でも3人でも並んで座るんだけど、今日はバラバラにすることに。で、自分は左ミヨシ、ヒデさんは右胴の間、社長は右トモへ。右舷6人、左舷5人で6時出航。

ポイントは15分くらい走った水深90m。タナは下からの指示で底から9mとのこと。すっかり剣崎の上からに慣れてしまったので、初回以外は探見丸見て上からのタナ取りにしました。
今日の道具立ては久しぶりのアナリスターにプレイズ3000。探見丸はスマホの探見丸アプリを使用。やっぱり#800から#3000にするとちとデカいわね。

シマノとダイワのハイブリッドタックル

▲探見丸アプリで水深はマメにチェック

1流し目、潮はトモ方向に結構流れてるような感じがして、回り変えの間に仕掛けに小細工した2流し目の2投目にアタリ。底の潮はこっちに流れてるのかな?

▲0.6kg
上がってきたのは相変わらずのチビだけど、幸先良いスタートだし、久しぶりの軽い竿でやりとりも楽しかった。自分は電動リールでもやりとりは手巻きでやる方なんで、竿は軽くてもリールはいつもより重いし80mの手巻きは少し辛かったけど…

その後、回り変えの度にアタリがあって(追加はハナダイだったけど…)8時にはすでにマダイ1のハナダイ2に。ヒデさんも社長も反対舷にいるもんで姿も見えないんだけど、ヒデさんは1.5kgくらいのを上げたみたいだしこれはなかなか期待出来るかな?

▲1時間でこの釣果はまずまず

と思ってたら、一俊丸の常連氏が結構なバトル開始。ぽっかり浮かんだのは3.4kgの良型マダイ。やられた…

その後はポツリポツリと1流しに1枚くらい、マダイだかハナダイがアタるような感じに。結局良型は常連氏の1枚のみでした。
自分は8時以降はアタリなし。マダイらしきエサの取られ方はあったんだけど。ヒデさんもあれ以降はアタリなし。社長は年末に続いてダメだったそう…

剣崎や相模湾と違って午後船があるので、11:30に突然の終了マイク。勝手に12時上がりと思い込んでいたんで、実にあっけない終わり方でありました…(むこうの船はだいたい「この流しで上がっていきます。」などと言ってくれるので)


◎結果

マダイ0.6kg、ハナダイ2枚
ヒデさん : マダイ1.3kg
社長 : ??


ヒデさん曰く、鯛丸屋で大鯛!との感じだったんで今日こそ最低2kgオーバーと意気込んだものの、あえなく撃沈。スタートがまずまずだっただけに余計のガックリ感。
でも今日のアタリは仕掛けチェンジ直後のアタリだったんで、型はともかく結果出たんで少しは良かったかな? 型をどうこう言う前にアタリを出さないと話にならない訳で、今年は低かったアタリ率を上げていきたいと思ってます。もう少しやってみれば何か見えてくるものがあるはず…

しかし…ここまで来ても相変らずのキロ未満。参りました…

祝 2018年初釣り!

平成30年1月6日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:晴れ 水温:15℃
同行者:松本さん・ヒデさん
ロッド:ALLIGATOR RYUGU 20-250
リール:SHIMANO 15ForceMaster 800
PE3号 ステンカン80号 ハリス4号8m2本針仕掛け
右舷トモ3

 

f:id:syk1974:20180106212644j:image

あけましておめでとうございます。2018年になっての初釣り。去年はマダイもチビ鯛ばかり… 少ない出動回数とはいえ、なんだかいいタイミングを逃したような感もあるけど、今年はなんとかチャンスをものにして大鯛を1枚上げたいと思います。出動回数はどうにもならないんで、その中でいかに釣るか! まぁそれができれば苦労しないんだけど。

こちらの記事も昨年同様、自分の釣行の備忘録と思って書いてますんで、よろしくお願いします。

 

f:id:syk1974:20180107090407j:plain

新年初釣りは、ホーム松輪港の一義丸から。通って1年も経ってないのにホームだなんておこがましいけど、自分の中ではすっかりホームです。今日はいつものヒデさんのほかに、翔鮪会名誉顧問 兼 相談役 兼 顧問のシマノ松本さんもご一緒に。キハダの時期からご一緒にとお願いしていたんだけど、こちらもなかなか都合がつかずにようやく今日の運びに…

 

今日の座席は暖かそうな右舷のトモ2番から3席。3名でクジ引きの結果、トモ2から松本さん、自分、ヒデさんと着座。弘樹船長、隣のカワハギ船の幸人船長に挨拶してから出船。

f:id:syk1974:20180107084716j:plain

今日の先発仕掛けは、ここ前回2回くらい”2本針の上針”に食うとか、”マダイの一荷”とかを見てるんで、8m2本針で行くことに。2本針ってどうも扱いにくくて嫌なんだけど、なんとなくチビ鯛メインの時期にはアリなのかな?と思ってきたりして。

 

朝イチポイントは年末に引き続き、金田湾からスタート。とりあえず今日は”初釣り”なんで、型はともかく顔見るのが目標。できれば朝のうちに釣りたいなぁ、と思ってた数投目、落とし込むとアタリ襲来。

最近、ようやくアタリの出方と引きで、マダイか否かがなんとなく解るようになってきて、こいつはマダイと確信。電動だけど手巻きで大事に上げてきたのは上針に食ってきた0.4kg。とりあえず2本針作戦は成功。相変わらずなかなか1kgの壁を超えられないのはご愛嬌。まぁ松本さん、ヒデさんより先に顔見れるとはこいつは縁起が良いね!笑

f:id:syk1974:20180107090926j:plain

▲祝 初物!

ここで更に追加と行きたかったんだけど、ヒデさんが同サイズを上げた頃から食いが止まって、『少し大きいの狙っていきますね〜 昨日も2kgくらいが出ましたよ』と弘樹船長。詳しい場所はわからないけど吉野瀬方面のタナ80mくらいのポイントへ移動。

 

2本針仕掛けはここで終了して、翔鮪会基本仕掛けにチェンジ。道具下ろすとすぐに反応が出てきて『反応出てきたよ。誰かに食うよこれ』と弘樹船長。と思ったら、ミヨシのヒットに続いて横で落とし込んでたヒデさんの竿もズドン。引き見ててもさっきのよりデカそうだぞ。

f:id:syk1974:20180107093403j:plain

▲うらやましい!1.8kg !

それにしても松本さん、自分とヒデさんの両方のアタリをちょうど目撃しちゃったみたいで『おかしいなぁ〜』と2人で苦笑いしてると『あれ、タイチさんのも食ってません!?』と松本さん。

おれにも来たか!と手に取ると、なんだか付いてはいるけどマダイじゃないみたい。『デカアマダイがいるからね、デカだったら超高級!』と弘樹船長。一応大事に上げてくるといいサイズのマトウダイ。なんだけど、口にはちびアマダイが!しっかりとマトウダイの口にも針掛かりしてましたよ。

f:id:syk1974:20180107100418j:plain
f:id:syk1974:20180107100440j:plain

▲アマダイ泳がせ?でゲット。ツイートしたらすごい反響(笑)

そんなこんなで、弘樹船長が言うには、このポイントは最初にバタバタッと食うとそれからは食わないそうで、まったくその通りとなって次へ移動。

 

今日の弘樹船長、剣崎沖の名ポイントを転々としてくれますが、探見丸にもそれっぽい反応は出るんだけど、どこもなかなか食わない様子… どこかの場所で久々にマダイっぽいアタリと引きがあって、こいつは本命かなと上げてきたらシマダイクラスの石鯛。石鯛は初ゲットだし、食べると美味いらしいからこいつは嬉しいゲストかな?

f:id:syk1974:20180107101901j:plain

▲しかしいい凪だね…

 

時間的にもいよいよラストかな、と思われるポイント。探見丸にもマダイなのかエサ取りなのかわからないけど反応はバッチリ。ここまでいいトコ無しの松本さん、途中、手巻きタックルから電動タックルに変更して準備はバッチリ(笑)

 

道具下ろして少し経つとミヨシ側で2人、そして松本さんにもなんか食ったみたい。 最後にトリプルヒット?と思ったらこいつはみんなアジだったんだけど、これを皮切りにアジ放置のブリ狙い! 入れ食いとはいかなくても、アジはかかるしマダイは食う気配ないし、自分もとりあえずのアジからのブリ狙い。アジが食って、ワラサ・ブリから逃げ回るあのブルブルがワクワクするんだよね〜。 みんなで『食いそう食いそう』『食った?食ったか?』なんて弘樹船長もバタバタしてたら、松本さんのアジに食ったみたい! 

f:id:syk1974:20180107103901j:plain

▲マダイ仕掛けで細ハリス。青物との緊張のバトル。

出たり入ったりを繰り返してようやく上がってきたのはナイスサイズのワラサ。プロのやり取り、堪能しました。本命ゲットはなりませんでしたが(爆)、最後にほぼ全員が泳がせてる中で1人食わせるってのは、やっぱり自分みたいな素人とは違って何か持ってるんですよね。自分だったら大喜びです(笑)

 

港までの帰路、松本さんの悔しさ全開のトークを聞いて終了となりました(笑) まぁ、今日は我々2人のホームですからね!こんな日があっても良いじゃありませんか(笑)

f:id:syk1974:20180107105806j:plain

▲リベンジしますか! 

 

 

◎結果

f:id:syk1974:20180107110210j:plain
f:id:syk1974:20180107110147j:plain

左:個人釣果(真鯛、石鯛、的鯛、甘鯛、鰺) 右:翔鮪会総合釣果

松本さんを交え、楽しい初釣りとなりました。 自分的には朝の2本針仕掛けは成功。松本さん的には自分の上針に食ったのを見てから何か歯車が違った?ようです。自分もテーパーに変えてからは本命のアタリは無し。どうも仕掛けのバランスが悪いのか何なのか…まったくマダイ釣りは難しいなぁ…

 

松本さん、ヒデさん、初釣りありがとうございました。ヒデさんはまたちょくちょくよろしくです。松本さんはまたご都合よろしい時に遊びに来てください!

 

そうそう、弘樹船長曰く、自分は『渋い日に当たる確率ナンバーワン』だそうですので、今年はその汚名も返上したいです…

  

f:id:syk1974:20180107110227j:plain

 

2017年釣り納め

平成29年12月30日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:晴れ 水温:14℃
同行者:ヒデさん・社長
ロッド:ALLIGATOR RYUGU 20-250
リール:SHIMANO 15ForceMaster 800
PE3号 ステンカン80号 ハリス4号10mテーパー仕掛け
左舷トモ2


4:30過ぎに松輪港に着くと、駐車場はすでに普段の倍くらいの車。今年最後の釣り納めに皆さん来てますね。自分とヒデさんも釣り納めに一義丸に。一義丸には今年の3月に初めてお世話になってから、すっかりお気に入りの宿になってしまい…マダイと言えば自分の中では一義丸ってな存在になりました。ももちゃんと知り合ったキッカケもここだし、月1回くらいしか来れないけど、仲良くなった友だちもできたし。

今日は仕事でお世話になっている社長もご一緒の釣行。釣り座はクジ引きの結果、社長が左トモ、自分が2番でヒデさんが3番へ。片舷10人づつの20人で出船です。

▲さすが最終日!

最近の一義丸は金田湾のポイントを中心にキロ前後を狙っていくみたい。情報屋ももちゃんの忠告はハリス3号との事だけど、3号なんて持ってないからいつもの4号仕掛けで狙っていきます。
港を出ると舵はいつもと違う東方面へ。剣崎灯台の前を通って金田湾へ。

今日の風と潮回りからすると、8時くらいまではトモ有利なハズ… しかし道具入れて数分後、早くもアタリがあったのは右のミヨシ。あれ?この辺りも潮回りはアテにならないのかな? 小まめに手返ししながらタナを探ってみてもツケエサはしっかり残ってくるし、ヒデさんと社長に聞いてみても同じ感じみたい。ポツリポツリとアタリがあるのは右のミヨシばかりでなんだか先週の小田原と同じパターンだな… 「どうです?食いませんか?」なんて弘樹船長も声かけてくれたけど、なかなかエサすら取られないのでした。

10時前に「これからお土産のイナダ釣りに久里浜沖に行きます」との事。自分的にはマダイ釣りしたいけど、お客さん大勢だし最終日だし、せめて魚の引きを味わっておかないと!

▲イナダ船団⁇

大船団の端っこ、タナ38mくらいでイナダ釣り開始。ハリス5号5mでやってみたけど、イナダもなかなか食わせられず… ポツポツと食わせてるヒデさんと社長は6mハリスみたいなんで、1mでもこんなに違うのかな? マダイもいないことないみたいなんで、周りのイナダの食いが落ちてきた頃を見計らって、マダイ仕掛けに戻してマダイを狙ってみますが、ダメでした。


その後、再びマダイ狙いへ。フェリー航路の脇で攻めるも、ここでもイナダをゲット。

残り1時間、朝の金田湾のポイントに移動。探見丸には反応が出てるけど、気力無しの様子。最後に仕掛けをチェンジしてやってみたけど、最後まで食ってきませんでした。

▲魚はいたんだけどなぁ


◎結果

イナダ3本(2本リリース)
ヒデさん : マダイ0.3kg、イナダ
社長 : イナダ


これで今年は最後の釣行。是非マダイの顔見たかったけど、運も含めてこれが今の実力かな。ま、しょうがないね。

今年は飯岡の初挑戦テンヤマダイから始まって、コマセマダイ→キハダ→コマセマダイってな感じでやってきました。夏のキハダ釣りは運よく2本ゲットできて、気分も最高だったけど、やっぱり自分的にはマダイ釣りかな⁉︎ 技も運も全て引き寄せて来年は大鯛釣りたいもんです。

2年目の翔鮪会は、新しい仲間も出来たし今後ますます楽しくなりそう。来年は1回くらいはみんなで行きたいなぁ…


今年もありがとうございました!
また来年もよろしくお願いします!

小田原攻め

平成29年12月24日 小田原港 弘美丸 コマセマダイ

天候:曇時々晴れ
同行者:つーさん・ヒデさん
ロッド:ALLIGATOR RYUGU 20-250
リール:SHIMANO 15ForceMaster 800
PE3号 ステンカン80号 ハリス4号10mテーパー仕掛け
左舷トモ

クリスマスイブの今日は前回の撃沈より1ヶ月ぶりの釣行。今日はつーさんもご一緒出来るとの事で船宿選びに迷ったけど、つーさんの地元の小田原港の弘美丸より良型マダイを狙う事に。船長ブログなどによれば2〜3kgもポコポコヒット。大鯛ハリス切れなど景気のよい文言もチラホラ…

座席は先着早い者勝ちとの事で、前日夕方に近所のつーさんに確保していただく事に。当日の風、潮予想からこれは左舷トモ寄りが有利だろうと読んで、しっかり左舷トモから3人分をキープしていただきました。あみだくじの結果、トモから自分、ヒデさん、つーさんの順で着席、なんだか恐縮です…

予約から席取りまでつーさんにお任せしてしまったので、ホントの出船時間がわからないけど、なんだか6:30に出船。いつもの調子で準備していたら港前の航程3分くらいの場所で第1投。出遅れました…

▲港前のくせにタナは90m。

船長のマイクによると早速アタリがあった模様。こちら舷ではないし、裏でもないから右前か… 朝イチからアタリがあるとヤル気もアップするのでどんどんコマセを撒きます。
が、これを皮切りにアタリが右前に集中。完全に潮上最不利席確定な感じに。
このポイントで揚がったマダイは9割以上右ミヨシの方だったかと思います。

このまま1日この場所から動かないんじゃないかしら?と思うくらい食い続き、ようやく次のポイント酒匂川河口前のポイントへ移動。棚は35mくらい(だったかな?)の1投目、つーさんに翔鮪会待望のヒット! ここまで3時間、長かった…

▲翔鮪会にようやくアタリ

続いてはヒデさんを飛び越えて自分にヒット。アタリも引きもマダイだけど、チビクラスと予想。

▲予想的中!

この後再びつーさんは2枚目を追加。

▲一応ファイト中…

途中からアジが食ったりしたもんで、ヒデさんと自分は食ってきたアジをそのまま泳がせちゃったりして遊んでみたり…

▲アジ泳がせ中

この後はいよいよ大鯛のメッカ、瀬の海へ。
タナ90m、80mと攻めるもここで食うのはイナダばかり…
自分は子どものクリスマスプレゼントにとイナダ1本をクーラーにしまって14時納竿でした。

▲ヒデさん、お弁当忘れて今日は元気なし…


◎結果

マダイ0.3kg、イナダ、アジ
つーさん : マダイ2枚、イナダ、アジ
ヒデさん : イナダ、アジ

完全なる潮読みミスか? 剣崎とは違って一日中潮上状態が続き、アタリは右ミヨシ10枚を中心に前方に集中。仕掛け、誘いなどあれこれ変えてもダメでした。ちなみにサイズは目測では最大でも1kgくらいか…


次回は年内最後に一義丸を予定。年末年始強化週間なんで、なんとかしたいところです。


つーさん、今日は予約から席取りまでお世話になりました。またよろしくお願いします。

潮が悪かった…

平成29年11月26日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:晴れ
同行者:ヒデさん
ロッド:ALLIGATOR RYUGU 20-250
リール:SHIMANO 15ForceMaster 800
PE3号 ステンカン80号 ハリス4号10mテーパー仕掛け
左舷トモ


前回の数釣りモードも、水温低下で食い渋ってきたようで…その代わりというかワラサ、うまくすればブリクラスが釣れてるようで。前夜、急遽ワラサ用の仕掛けとアジ泳がせの仕掛けを用意。

天気は上々のようだけど、風の予報が脅かしてて無事に出れるのか… 4時に松輪港に着くと西風が吹いていて、出船時は西12mに…

f:id:syk1974:20171126175252j:plain

今日の座席は左トモ。早上がりになる前にいい型釣って、さっさと帰りますか。

松輪港を出ると早くも船はローリングにピッチング。そんなに寒くないのがまだ救いか… 西風吹き荒ぶ中、剣崎沖の58mダチで第1投。

早速となりのヒデさんが『なんか食ったよ〜』と、上がってきたのは3kgのワラサ。

f:id:syk1974:20171126180453j:plain
▲1投目でナイスキャッチ! 

 

今日は仕事のももちゃんからは『ワラサとなんか遊んでていいんですか?』なんて言われたけど 、このクラスなら嬉しいよね。

船中、前も胴の間もポツポツとワラサが上がってくるみたいだけど、自分と右トモの常連さんにはなぜかアタらず…ヒデさんは再び同型のワラサをゲット。くそ〜好調だなぁ…

続けてヒデさんにまたもアタリ。そろそろこっちにも来てくないと困るなぁ…なんて思ってタモ構えてたら浮上してきたのはまずまずの本命真鯛

f:id:syk1974:20171126190055j:plain
▲ピンク色の1.5kg 。いいなぁ…

 

この後、94mダチ、沈船周りと場所を変えるも自分には外道のアタリもなく、時間だけが過ぎていきます… しかも風も収まる気配はないし、うねりもひどくなってきてるような…

f:id:syk1974:20171126191134j:plain
▲写真じゃわかりづらいけど、相当なバタバタ加減

 

この移動の後はワラサとブリの場所へ移動。真鯛仕掛けに食ったアジをそのまま泳がせて良型ワラサにブリ狙い。

ここまでおそらく真鯛は船中でヒデさんのが1枚。ワラサは何本だろう?早上がりも近そうだし、さすがに焦ってきたな。

うねりのひどい中、手持ちで竿先に集中するとクンクンとようやくアジらしきアタリが! ここでブリでも食えば起死回生だな、と思ったけど…アジも何処かへ行ってしまったみたい…泣

 

ちなみに写真は無いけど、ヒデさんはうまいことアジを泳がせて5.5kgのワラサを食わせました。

 

本日は南西風が弱まることなく12時早上がり。弘樹船長の『これで上がっていきます』のマイクで最後の道具を巻き上げると、途中でイナダが掛かったよ。と…

 

そんな釣行でした。

 

◎結果

最後の回収途中に掛かってたイナダ1本

ヒデさん:マダイ1.5kg、ワラサ5.5kg&3kg 2本

 

夏のキハダシーズンと前回の釣行でキロ前後ではあったけど5枚も本命をゲットできたのもあったので、マダイ釣りの厳しさを忘れていました。そうだ、この厳しさ加減がマダイ釣りである、と(笑)

今日はおそらくトモの2名だけがクーラーすっ空っぽだったのではないでしょうか?

敗因は今も判らず… まぁ『潮が悪かった』か…

f:id:syk1974:20171126201737j:plain

 

秋祭り

平成29年11月4日 松輪港 一義丸 コマセマダイ

天候:曇のち晴れ
同行者:ヒデさん
ロッド:ALLIGATOR RYUGU 20-250
リール:SHIMANO 15ForceMaster 800
PE3号 サニービシFL80号 ハリス4号10mテーパー仕掛け
左舷ミヨシ


楽しかったキハダ釣りも充実のうち終了して、いよいよマダイ釣り再開!
なんだかももちゃんからは『マダイバトルをやろう』などと提案があったりして、1尾の重量を争うことに… 初代翔鮪会マダイ王をかけて頑張りますか!

ヒデさんは最後のキハダを追い求めて一俊丸に行くかどうか検討中。自分は前回ダメだったんで、いい気分(まだ釣れた余韻がある)のうちに早々と撤退を表明。一義丸のマダイ船はまだ『ワラサ・真鯛船』なんだけど、なんだか小さくてもボチボチ釣れるみたいなんで、最後のキハダももちろん気になるけど、マダイ釣行を決定。またまだ大鯛は狙えないみたいだけど、うまくすれば数釣りできるみたいだし、とりあえず1枚釣って、ワラサとかショゴとかも釣れればいいかな〜なんて。

最近のキハダは2週連続の台風もあったりで本格的に渋くなってきて、お世話になった一俊丸でもノーヒットだったりヒット数回だったり… 結局、ヒデさんもキハダを諦めて一緒にマダイバトル開幕戦を迎えることに。


久しぶりの一義丸。弘樹船長に会うのも楽しみだったんだけど、所用でお休みみたい…で、今日は21号船で出船。2人で左舷のミヨシから並んでスタート。

▲久しぶりの鯛釣り…

この時期は小型がメインみたいで仕掛けはなんだか2本針がいいかも?との情報なので、自分もとりあえず8mの2本針に。上に食うか下に食うかでタナを探る感じかな?なんて思っていたんだけど、慣れない2本針…手前マツリするわなんだですぐにいつもの仕掛けに交換。慣れないことするとロクなことないな…ていうか、キハダの仕掛けに慣れちゃったんで、細いは小さいわ…

正確なポイントの名前はわからないけど、松輪港からほど近いタナ40m。潮がなんだかかっ飛んでます。

f:id:syk1974:20171105151005j:plain

▲こんな感じに糸がナナメ…

しばらくすると、イナダ、イナダ、イナダの入れ食い状態に。そんな中ヒデさんに上がってきたのは小型ながら本命マダイ。いいなぁ、大きさ関係なくとりえずマダイ釣りたい。

申し訳ないのですが、イナダは要らないのですぐにリリース。でもオマツリしたり針飲まれたりで、ヒデさんは12組も仕掛け使ったとか…

f:id:syk1974:20171105160454j:plain

▲イナダと格闘。しなるしなる。

その後、ヒデさんまたも本命を追加。サイズも先ほどよりは少し大きくなって羨ましい…

f:id:syk1974:20171105151329j:plain

▲ヒデさん早くも2枚。自分まだゼロ…

 

9時過ぎ、イナダの猛攻を我慢しながらやってるとようやく自分にもチビマダイがヒット。大きさともかくシーズン1号を無事にキャッチできて良かった。(去年はこれを水面バラし…)

f:id:syk1974:20171105152231j:plain

▲シーズン1号は350g!

 

今日はともかくイナダ祭り。船を移動させてコマセが効いてくるとイナダ漁の開始。本命マダイは移動直後の2投目か3投目くらいまでが勝負といったところか。その後のイナダはコマセ振らなくても、仕掛け下ろし中でも食ってくるくらい。

2枚目も同サイズをなんとか無事にキャッチして、3枚目はサイズアップ。2枚目までとは引きも違かったし、イナダの引きとも違ったし、これはまぁ納得の1枚。

f:id:syk1974:20171105154422j:plain

▲1.2kgでした!

 

ヒデさん、自分、ヒデさんと交互にマダイをキャッチする感じで時間が進んで、最後は自分が順番抜かして2連続だったかな?笑 終わってみれば自分5枚、ヒデさん4枚で2人で9枚! 最後のひと流しはヒデさんが4枚目で自分のアタリはアジだったけどまぁ面白かった。

 

◎結果

f:id:syk1974:20171105160354j:plain

マダイ1.2kg、0.4kg×2枚、0.3kg×2枚、ヒラソーダ

ヒデさん:マダイ0.7kg、0.4kg×2、0.3kg

※ともにイナダ、アジ、サバはすべてリリース

 

自分にとっては今シーズンのコマセマダイ開幕戦。型はともかく5枚も釣れたのは初めてだし、一応竿頭ゲットで良かった…んだけど、一義丸のベテランO氏は先日28枚! 28枚って終始やりとりしてる感じ? 今日の5枚&ゲスト多数で結構楽しめたんだけど…それにしてもすげぇなぁ、と。

 

今日釣れた小鯛は干物にしてみたんで、こちらも楽しみ。

f:id:syk1974:20171105160712j:plain
f:id:syk1974:20171105162450j:plain

 

今日は秋の数釣りを堪能させてもらったけど、これじゃ初代マダイ王にはなれないので、次回はさらにサイズアップを。とりあえずは2kgオーバーを釣らねば…